プロジェクト進行中 / Project On going

進行中のプロジェクトです。新型コロナウイルスの影響でほぼ在宅ワークになったクライアントのための木造住宅の増築です。現在のお住まいでは本格的ワークスペースとしては充足できていないので、それの確保と共に、子供の勉強部屋、ユーティリティスペースの拡幅などを行います。少しの増築ではなく、隣地を取得しての比較的規模の大きい増築になります。既存建物も含めて申請が必要で、色々手間はかかりますが、生活スタイルの変更に十分応えるには、今後もこのような計画は必要になってくるように思います。

計画にあたって考えたことは、既存の建物があるので、それとの関係が重要だと思いました。単に面積を増やすだけでは建築的に魅力的にはなりません。元々増築前は隣地に向かう外壁だったものが、増築側から見ると違う意味に変わります。そのことを意識して、既存建物との間を如何に意味ある空間にできるか、そして増築側の機能と共に既存側にも何か寄与できる空間にするかを考えて計画しました。現在実施設計に入っています。