K-VILLA

北軽井沢の別荘

北軽井沢の森に建つ週末住宅です。
霧が多く発生する場所で、湿気対策から1階をコンクリートで造り、玄関、倉庫、駐車スペースのみとして、主室であるリビングや寝室は、木造として全て2階に持ち上げています。
2階は、中央にリビングを配置し、その周りに閉じた各部屋と開かれたスペースが並べられた構成になっています。開かれたスペースは、リビングにとって奥行きのある窓のようなスペース(ルーム窓)となっていて、ダイニングやバルコニーとして機能しています。
また、リビングの壁には小さな窓が設けられていて、これらの窓からは、それぞれ和室、書斎、キッチンを通して外の森が見えるようになっています。リビングを動き回るうちに、ある特定の位置に立つと、この窓を通して不意に外の風景が目に飛び込んできます(パース窓)。
各部屋を構成する内壁の合板は、色に濃淡をつけて、リビングは少し淡くし、他の室は濃くしてお互いに違った雰囲気の空間としています。
ダイニングテーブル、ソファ、ローテーブルはオリジナルで設計し、製作しています。    
(共同設計者:明治大学田路研究室)

所在地:群馬県北軽井沢

用途:別荘

構造・規模:RC造+木造・地上2階

延床面積:141㎡

構造設計:本岡構造設計事務所

施工会社:三信建設

竣工年:2004年

Site : Kitakaruizawa, Gunma

Use : Villa

Structure : RC + Wood

Floors : 2 upper floors

Total floor area : 141sqm

Structural design : Motooka Structural Design Office

Construction company : Sanshin kensetsu

Completion year : 2004

掲載誌:新建築住宅特集 2005年9月号

掲載本:daab new fireplace design (ドイツ)

photo by nacasa & partners inc.