D-FLAT

オーナー住戸付き集合住宅

北側オープンスペースの効果

北側に向かってなだらかに傾斜した敷地の中で、建物を南側によせることによって、日影と北側斜線をさけた地下1階、地上3階の最大限の大きさを確保している。
用途は、地下1階から地上2階までが賃貸住宅、3階がオーナー住宅となっている。
全ての階において北側に大きな開口部が設けられているが、隣地との距離は道路幅程度の6M以上として、プライバシーを確保しながら安定採光を得ている。
最下階は、床レベルを調整して法規上地下として容積率の緩和を受けている。地下ではあるが1階と変わらない居住性を確保でき、さらに環境を良くするためにRC壁で囲われた駐車スペースとの間をオープンスペースとしている。このスペースは窓先空地を兼ねた地下階4戸のためのアプローチとなっていて、敷地の有効利用を図ると同時に、地被植物を植えて4戸のための庭としている。
1、2階は南側に共用廊下をとり、地下階と同様北側採光の住戸としている。構造形式をRC薄肉ラーメンとすることによって、3階のオーナー住宅は、下階のプランの制約を受けない自由な平面計画が可能となっている。
北側斜線の厳しい地域において、北側にオープンスペースを設けることは、敷地の有効利用上の効果は大きい。そして、北側隣地との距離、窓先空地のしつらえ、開口部の工夫によって、南側に開く配置と違った快適な居住環境を提供することができる。

所在地:東京都世田谷

用途:オーナー住戸付き集合住宅

構造・規模:RC造・地下1階、地上3階+PH階

延床面積:683㎡

構造設計:本岡構造設計事務所

施工会社:沖島工業

竣工年:2006年

Site : Setagaya-ku, Tokyo

Use : Multi dwelling

Structure : RC

Floors : Basement + 3 upper floors + ph floor

Total floor area : 683sqm

Structural design : Motooka Structural Design Office

Construction company : Okishima kogyo

Completion year : 2006

photo by nacasa & partners inc.